■見守りシステムサービスを開始しました

離れて暮らす家族へ“安心”をお届けします
西海テレビ「高齢者見守りシステム」


メールで届く安心感・・・


実家に暮らす父が独り暮らしになった。

気づけば、いつのまにか80歳に近い、いわゆる高齢者となった父。

元気に暮らしているだろうか

今日もいつも通り起きているだろうか・・・。

西海テレビでは、毎日視聴していただいているテレビのリモコン操作を活用して、

日々の安心を発信するシステムを作れないかと考えました。

そこで誕生したのが、テレビリモコンの赤外線をキャッチして、遠く離れた家族

使用状況をメール送信する 西海テレビの「高齢者見守りシステム」です。

リモコンで電源操作が行われると、自動的に「テレビの電源ボタンが押されました」

とメールを送信、1日の操作履歴も11回報告メールが届きます。

また、温度センサーもついているので、室内が異常高温になった時などのお知らせ

メールや、1日の温度記録メールも11回届きます。


遠く離れていても、毎日メールで届く
安心感

メールの配信先は複数件登録できますので、複数子ども達で情報を共有する

ことも可能です。

また、お子様の帰宅確認などにも活用いただけます。

◆こんなお知らせメールが届きます◆







日々の生活安心感をお届けする、西海テレビの「高齢者見守りシステム」

ぜひご活用ください。



 ◆見守りシステムご利用者様からの声◆

 

今年7月のことです。独り暮らしをしている実家の父宅に見守りセンサーを設置していますが、その日は朝6:00頃のリモコン操作メールがきた後、夕方19:00を過ぎても次のメールが来ませんでした。気になって実家に電話をすると、受け応えの様子がおかしく、実家へ駆けつけたところ、父がぐったりとして椅子に座っていました。朝から食事もできないくらいに具合が悪く動けずにいたようです。すぐに病院に連れていき、結果的に2週間入院することになりました。

翌日はかなり蒸し暑い日だったので、あの時電話をしていなかったら、具合が悪いまま熱中症になって大変なことなっていたかもしれません。今は退院して元気に暮らす父。あの時、気になって電話をするきっかけをくれた見守りシステムに感謝しています。
 

  電源操作メールによって在宅か否かの確認ができ、朝夕の電源操作メールがない時は電話訪問するきっかけになったり、毎日届くメールで安否確認ができて良いシステムだと思います。


   室内温度の状況が良くわかり、とても良いと思います。電源操作メールが届くことで、本人の状況が少しでも理解できるので助かっています。室内温度の状況が良くわかり、とても良いと思います。電源操作メールが届くことで、本人の状況が少しでも理解できるので助かっています。

   以前、軽い脳梗塞を患ったことがある父なので、電源操作メールが長時間来ない時は「まさか?」を心配して電話をかけたりしています。見守りシステムを設置することで父の日常への関心も高まり、電話をきっかけになったり、コミュニケーションが深まったようにも思います。

 

夏場の熱中症が気になります。異常高温メールや温度履歴メールを見て、実家の室温がこんなに夏場暑く、冬場は寒くなっているんだなと知りました。


 

◆お申込・お問合せはこちらへどうぞ◆